読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キラキラの夢の中で

Mr.KINGと平野紫耀くん

一年に一度、特別で大切な日

 

 

世界でいちばんだいすきな平野紫耀くん、記念すべき20歳のお誕生日おめでとうございます。

 

 

 

(果てしなく重いのでご注意ください。笑)

 

 

 

以前もブログに書きましたが、ちょうど一年前のこの日に、私は紫耀くんを好きになりました。

 

 

だからちゃんと紫耀くんのお誕生日をお祝いするのは今年が初めてで、今こうして“おめでとう”とお祝いのブログを書けていることにとても幸せを感じています。

 

 

紫耀くんとMr.KINGを好きになってから、世界がキラキラして今までと違って見えて、本当に毎日が楽しくて仕方がなくて、忘れていたときめきを取り戻してくれて、どんな些細なことにも幸せを感じられて、そうしてあっという間に1年が過ぎていったように思います。

紫耀くんとMr.KINGのおかげで この1年本当に本当に楽しくて幸せいっぱいでした。

 

 

 

紫耀くんにとって10代最後のこの1年はどうだったかな。

 

新年のジャニーズワールド、春の野球大会、夏はサマステにサマパラ、更には並行して特番のロケ、秋には初めての座長を務めたジャニーズ・フューチャー・ワールド、ほぼメインで重要な役どころの冬のジャニーズ・オールスターズ・アイランド

 

たくさんのお仕事をしてたくさんの経験を積んで、本当に休みなく大忙しで大活躍の1年だったと思います。

それに伴って 私には到底計り知れないプレッシャーや疲労が紫耀くんの体にはのし掛かっていて、時には体調を崩してしまったり…

 

紫耀くんはあまり弱音も吐かないし 辛いところも見せない人だと思うので、無理しすぎてしまうところが心配ではあるから、あまり背負い込みすぎないでね。

Mr.KINGでは最年長だから自分がしっかりしないと っていう想いがあるのだと思うけど、もっと頼ってもいいんだよ。甘えていいんだよ。

 

 

 

19歳の紫耀くんはたくさん素敵な景色を見せてくれたね。

特に初座長を務めた舞台ジャニーズ・フューチャー・ワールドは私の中で特別で大切で宝物です。

きっと何年経っても、これから先さらに大きな舞台をすることになったとしても、この舞台だけはずっとずっと私の中で特別なんだと思います。

紫耀くんが0番で輝いていたあの景色を、カンパニーのみんなと頑張って作り上げたあの舞台を私はずっとずっと忘れないし、忘れたくありません。

本当にありがとう、お疲れ様でした。

 

 

 

こうして19歳の紫耀くんをこの1年見守れたこと、応援できたこと、共に歩んでこれたこと、とても嬉しく幸せに思います。

 

 

そして今、心の底から思うことは1年前の1月29日、紫耀くんを見つけることができてよかった。好きになれて本当によかった。
だって今こんなにも幸せで楽しい。好きにさせてくれてありがとう。私にキラキラした日々をありがとう。

 

 

本当に平野紫耀くんの全てが大好きです。

こう言ってしまうと簡単に聞こえるかもしれないけれど、本当に全部が好きで大好きで愛おしくて仕方がありません。

世界中の“だいすき”を集めて紫耀くんに届けられたらいいのに、とポエムみたいなことさえ思ってしまいます。

 

 

本当にいつもありがとう。数え切れないくらいのたくさんの幸せを笑顔を愛を元気を、ありがとう。

生まれてきてくれてありがとう。

 

紫耀くんは当たり前のように私たちの前に存在してくれて、歌って踊ってキラキラのアイドルでいてくれるけれど、それって決して当たり前のことじゃないんだよね。

 

私たちの前ではいつも笑顔でいてくれるけれど、その裏では辛かったこと悲しかったこと、涙を流したこともたくさんあったと思います。辞めようと思えばいつでも辞めることできたと思います。

それでもこうして今もアイドルでいてくれて本当にありがとう。私たちの目に見えるところにいてくれてありがとう。

今までも、そしてこれからもありがとう。

 

 

いつもたくさんの笑顔と幸せと元気をくれる紫耀くんに、溢れんばかりの愛と幸せが降り注ぐことを願ってやみません。

 

どうか、ずっとずっと紫耀くんが幸せでありますよう。

紫耀くんの笑顔がいつまでも続きますよう。

そしてこの先も紫耀くんの隣には廉くんと海人くんがいてくれますよう。

 

 

 

19歳の紫耀くん、本当にありがとう。とっても大好きだったよ。

 

 

そして、今日からスタートする20歳の紫耀くんはどんな素敵な景色を見せてくれるのだろう。どこまで連れて行ってくれるのだろう。

 

どこまででもついて行くよ。無限の可能性とキラキラした輝きを放つ紫耀くんをずっとずっと見つめていたいし、今しかないこの時を一瞬たりとも見逃したくはない、見逃しちゃいけない、と強く思います。

 

 

 

 

 

お誕生日、本当におめでとう。

20歳の紫耀くんもだいすきです。

 

 

2017.01.29

ジャニーズJr.を好きになったその世界は

 

 

最初に謝っておきます。この気持ちをどこかに吐き出したくて感情のままに殴り書きしてしまったので、読みにくい点多々あるかと思います。また、気分を害されたら申し訳ありません。ただの重たいオタクが思ったことを書くブログなのでさらっと受け流してもらえたら…と。

 

 

 

前回、嵐・櫻井翔くんから ジャニーズJr.のMr.KING・平野紫耀くんに担降りした記事を読んで頂ければ分かるように 私は今までデビュー組(正確には嵐)だけを見てきた。

嵐しか興味がなかった私だが、デビュー組全グループの名前と顔は一致するし 曲だって1番〜サビまでなら知っていて歌えるし 嵐一筋だった割に他のジャニーズのことは把握していた方だと自分では思っている。

 

しかし、ジャニーズJr.という世界は私には未知であった。私がジャニーズJr.に対してある知識といえば、デビュー組のバックで踊り 次のデビュー候補生であるということだけだ。その裏にある彼らやファンの方の思い、覚悟なんて知る由もなかった。

 

 

そんな私がある日突然ジャニーズJr.を好きになってその世界に飛び込むことになるわけだが、ただただ楽しいだけの簡単な世界ではなかった。

 

 

まずデビュー組(※この場合は嵐)といえば、当たり前のようにFCが存在し年に4回送られてくる会報、年に1回は必ずある冬のドームツアー(夏頃には別でコンサートやイベント等もあったりする)、それも映像化され、ドラマ・映画の主演にその主題歌、冠番組をグループでも個人でも複数持ち、本屋に行けば雑誌の表紙を飾っている、街に出れば電車に乗れば広告等に必ずその姿がある、大型歌番組等にも呼んでもらえる、それにCMを含めたら本当に見かけない日はないように思う。

自分から探そうとしなくても 彼らは自然と私の目に飛び込んでくる。彼らがいないところでも彼らの曲が流れていたり間接的なものでも彼らの存在に簡単に触れることができる。そんな恵まれすぎていた世界で私は何年もジャニオタとして生きてきた。

 

 

 

しかし、ジャニーズJr.はそうはいかない。

FCはあるがそれぞれグループでのFCは存在しない、コンサートやイベントはあるがそれも単独ではない、 しかもほとんど映像化はされない、オリジナル曲を持つグループもたくさんいるが音源化はされない、BSでザ少年倶楽部という番組に出演しているが地上波の番組にはほとんど出演しない、そして何よりデビュー組にはないグループ編成(組み替え)というものが存在する。

 

 

そもそも自担がデビュー出来るのかという不安ももちろんあると思うが、このグループ編成こそがジャニーズJr.担当の方たちが1番恐れていることではないだろうか。少なくとも私はそうである。

 

 

私が平野紫耀くんを好きになった時 彼は既にMr.KINGの平野紫耀だった。紫耀くんを好きになって過去のこともたくさん調べていくうちに彼は昔、関西ジャニーズJr.のKin Kanというユニットに所属していたと知る。

そしてその関西時代から好きで応援してきた方たちの中には 彼の東京での活動を受け入れられない、関西に戻ってきてほしいという声も多く見かけた。

同じ人を好きでいるはずなのに、ユニットの括りを巡ってファン同士で争い 攻撃し合ったり、好きな人の“今”を受け入れられなくなってしまうという あまりにも悲しすぎることがどうしても起きてしまうのだ。

 

 

そして更にジャニーズJr.の世界では “推され”といわれるものが存在し 私の好きなMr.KINGはその枠に当てはまる。例を挙げるとジャニーズJr.なのにも関わらず写真集発売、Mステ出演など。そして今夏に開催されたイベントではMr.KINGがメインでやらせてもらったし、他のジャニーズJr.に比べてメディア露出も多くたくさんの大きな仕事をさせてもらっている。

 

このことが他のジャニーズJr.担当の方から不満や反感、嫉妬を買うことに繋がってしまい、今まさにMr.KINGはその攻撃の標的である。何かある度に「またMr.KINGか」「どうせMr.KINGだろう」「歴短いくせに」「ジャニーさんのお気に入りだから」「推されているから」という心ない言葉のオンパレード。たしかに気に入られていて推されているのは事実かもしれない。しかし、“推され”の一言だけで全てを片付けてしまうのはあまりにも酷ではないか。そのたった一言は彼らの努力や才能全てを無視しているようで ただただ悔しくて悲しくて、「それは違う」と弁解したくても私に人の意見を変えられる力や影響力なんてあるわけがないし、そんなことにきっと意味はないだろう。好きな人を守れない自分の存在の小ささに、そして無力さに何度絶望したことだろう。

 

彼らが何か発言する度、何か仕事が決まる度、どうしても良くないことを言われてしまう。実際に数々の心ない言葉をたくさん見てきた。いちファンである私でこんなに傷付いているのであれば これを本人たちが目にしたら と思うと胸が押し潰されそうで悔しくて悲しくてどうしようもなかった。

 

 

少し話は逸れたが、私は最初に書いたようにグループ編成を恐れている。その理由は至ってシンプルでMr.KINGが大好きだからだ。平野紫耀・永瀬廉・髙橋海人の3人が離れることなく、この3人でのデビューを心から望んでいる。

嵐ファンをしていた頃はこの5人一緒なのが当たり前で 離されることは絶対ないしそこに関しては1ミリも心配していなかった。まず5人が離れるなんてそんなこと考えたこともなかった。

 

そしてMr.KINGに関しても私はどこか安心していた。3人は嵐と違ってまだデビューしていない不安定なJr.の世界にいるものの、写真集も出しているしメディアや雑誌では最もデビューに近いユニットと言われている。だから 3人が離れることはまずないだろうと Jr.の世界に詳しくなかった浅はかな考えの私はそこまで心配はしていなかった。

 

しかしジャニーズJr.の世界はやはり何が起こるか分からない。

3月と5月に横アリと城ホでJr.のコンサートが決まって、過去にHey!Say!JUMPが横アリのJr.コンでデビューを発表しているようで その当時のことを綴ったブログを読んで私は驚愕した。

そのブログには今でいうMr.KINGのような存在のユニットから2人がデビューを果たし、2人はデビュー出来ずに暫くして事務所を去り、そのユニットは解体になってしまったと書いてあった。

その記事を読んで私は急に怖くなった。今の今までMr.KINGは安定だと思っていた。いや、そう思い込みたかっただけなのかもしれないが。写真集を出しても、どれだけデビューに最も近いと言われていてもMr.KINGがMr.KINGでいてくれる保証なんてデビューしない限りどこにもないのだ。今まで見て見ぬふりをして避けていた現実を突き付けられた瞬間だった。

  

ジャニーズJr.のユニットに愛着を持ったり、いわゆる箱推しとなることは やはりリスクが大きすぎるのかもしれない。実際に過去にそのような悲しい例が幾つもある。だけど私はどうしたってMr.KINGが好きだ。好きで好きで仕方がない。この3人じゃないと嫌なんだ。この3人は絶対に離れてほしくない。

 

私はひょんなことから、デビュー組からジャニーズJr.を好きになった。そこから見える世界が正直こんなにも辛く苦しいものだとは思っていなかった。たくさん悔しい思いをした。悲しい思いもした。デビュー組を好きでいたときには気付けなかった色んな感情を知った。当たり前が当たり前でないことを改めて知った。

 

だけど、これだけは胸を張って言える。私は平野紫耀くんを、そしてMr.KINGを好きになってよかった。彼らを応援できている今が本当に幸せで大切にしたい。この先どんな未来が待っているのか、ふと考えると怖くも不安にもなるが、そんなことを考えて落ち込んでいたって仕方がない。今の私にできることを、どうか3人がこの先も一緒にいてくれることを心から願いつつ、いつか3人がドームに立つその日を夢見て、今はただひたすら大好きなMr.KINGを精一杯応援しようと決めた。

 

 

 

人生初めての担降りをした

 
 
「担降り」
 
ジャニーズを好きになったことがある人なら一度は耳にするであろうこの言葉。実際に経験をした人も少なくはないだろう。
 
私にとってその言葉はどこか他人事のようで、まさか自分にその時がやってくるとは思ってもみなかった。
 
 
なぜなら、私は嵐と櫻井くんのことが大好きだったからだ。
とにかく好きで好きで仕方がなかった。
私の中で櫻井くんを超える人など現れないと思っていたし、嵐から離れるときはジャニオタ辞めるときだと、そう思っていた。
 
 
そんな私がある日突然、嵐と櫻井くんから離れることになる。
人生初めての担降りを経験したのだ。
 
 その理由は至ってシンプルだ。
 
 
 
 
 
 
ジャニーズJr.であるMr.KINGの平野紫耀くんを好きになりました。
 
 
 
 
 
 
他人の担降り事情なんか知らんがな案件すぎることは重々承知であるが、私の中で櫻井くんの担当を降りるということはとても大きい出来事であった。
私の人生において嵐と櫻井くんの存在はあまりにも大きすぎたのだ。
2016年が終わってしまう前に あの時の気持ちをどうしても形に残しておきたかったので だらだらと自己満担降りブログというものを書こうと思った次第である。
 
が、とにかく長いです。まとめるの下手くそか。文章力もなければ語彙力もない、ただただ気持ち悪い激重オタクですが ご容赦ください。笑
 
お時間あるときにでも目を通して頂けたら嬉しいです。
 
 
 
 
 
では、まずは私が嵐を好きになったきっかけを簡単に。
 
 
 2007年に放送されたドラマ、山田太郎ものがたりで見事に櫻井くんにハートを撃ち抜かれて そこから私の嵐大好き!櫻井くん大好き!なジャニオタ人生は始まる。
 
好きになりたての頃は 芸能人の中だったら嵐が好き程度の気持ちだったのだが、5人の番組を見るうちにどんどんその魅力にハマっていった。知れば知るほど好きになっていった。
そこから約9年もの間 私は嵐と櫻井くんの深い深い沼の底に漂うことになる。
 
 
私にとって櫻井くんは一言で言うならば「王子様」だった。
ぱっちりとした二重の目に キリッとした凛々しい眉毛、ぷっくりとした形のいい唇、高すぎず低すぎない心地いい声(ラップのときは恐ろしく低音ボイスだ)その完璧なルックスはもちろんのこと爽やかで頭も良くてラップも作詞もできてキャスターも司会もこなして何でも出来る完璧な正統派アイドルのイメージ。
 
だけど、櫻井くんはバク転が出来なくてヘタレで絵心がなくて私服がダサいと言われていて…(挙げるとキリがないのでこの辺にしておこう)…そんなところもすごくすごく好きだった。
むしろそういう少し残念なところがとても愛おしくて櫻井くんの考え方や性格、全てが大好きだった。
 
 
 毎日学校で友人に嵐の話をして、家に帰ってからも家族に嵐の話をして、嵐の番組を見て、私の毎日は嵐と櫻井くんでいっぱいだった。
櫻井くんのことを考えない日はなかったように思う。
 
どれだけ辛いこと嫌なことがあっても 5人を見ると自然と笑顔になれたし、数え切れないくらいの元気と幸せをもらってきた。挫けそうなとき 心折れそうなとき どうしようもない悲しみに襲われたとき、何度も何度もだいすきな5人の存在に、そして歌に救われた。
 
 
私にとって嵐はなくてはならないもの、生活の一部になっていた。
 
 
しかし、それなりに長く好きでいるからなのか2015年の秋頃から気持ちが段々と落ち着いてきているのを感じた。
 
別に実生活で好きな人ができたとか特別何かが変わったとかそういうわけではないが、嵐が出演する番組を録画し忘れたり なかなか追いかけることが難しくなったりしてもそこまで落ち込むことはなくなっていた。
 
櫻井くんを見なくても大丈夫な日々が少しばかり続いていた。
 
 
 
 
 
 
 
そんなとき、運命の出会いが訪れる。(一方的な)
 
 
 忘れもしない今年の1月29日、紫耀くんの記念すべき19歳の誕生日の日のMステである。
 
 
(この段階でお分かりかと思いますが、私が平野紫耀くんを好きになったのは今年です。めちゃくちゃ新規です。ドドドドド新規です。温かい目で見守っていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。)
 
 
勝利くん健人くん率いるジャニーズの子たちが大勢出演していて、ジャニーズはやっぱりすごいなぁ なんて思いながらなんとなく見ていた。
 
そしたら、赤い服を身にまとった超絶王道キラキラアイドル3人組がいた。それがMr.KINGだった。
私はその3人から、中でも平野紫耀くんから目が離せなかった。一瞬で惹き込まれた。すごい人を見つけてしまった、この人にハマる、と直感的にそう感じた。
 
 
Mr.KINGと平野紫耀くんの存在は前から知っていた。なんなら2015年にキンプリで出演したMステもちゃんと見ていたし、少クラも毎週録画して(ほぼ流し見ではあったが)見ていた。
 
その頃私は近キョリ恋愛やお兄ちゃんガチャを見ていて岸くんというかっこいいJr.の子がいると覚えたばかりだからか、キンプリといえばその岸くんがいるグループだという認識しかなかった。
 
なぜこのときに紫耀くんを好きになっていないのか今となっては不思議で仕方がないのだが、そういうものなのだろう。
現に私は降りる予定のなかった人から担降りした過程の自己満担降りブログを書いている。人生何が起こるか本当に分からないものだ。
 
 
そのMステを私は何度も何度も飽きることなく繰り返し見た。何度見ても私の目は平野紫耀くんを無意識に追いかけていた。
彼はとてもキラキラしていて眩しくて、無限の可能性とともに心が揺さぶられるようなときめきを感じた。それは櫻井くんにハートを撃ち抜かれたあの日と重なって見えた。
 
 
その日から私は平野紫耀くんのことが気になって気になって仕方がなくてネットで調べて動画も飽きることなく見続けた。
そうしたらあの完璧なルックスでとてつもない天然だということが分かった。
他にもアクロバットが得意でダンスも歌も上手でハスキーな声に筋肉質な体、笑うと少し幼く見えて話し方も柔らかく優しい。ふわふわしているけどパフォーマンスをしているときはしっかり完璧にこなすし色気もすごい。かわいいとかっこいいのバランスが絶妙。ギャップのオンパレードやないか。このギャップにやられた平野担大多数だと思いますが私もそのうちの一人、平野紫耀くんのギャップに完全に堕ちたのです。
こうして私は紫耀くんの深い、深すぎる沼に足を踏み入れることとなりました。
 
 
 
ここで初めて「担降り」という今まで考えたこともなかった言葉が頭の片隅にチラつく。
しかし、櫻井くんの担当を降りるという概念はなかった。櫻井担でなくなるということは、ずっと櫻井くんだけを見てきて応援してきたこの9年間が空白になってしまうような気がしてとても怖いことに思えた。自分が自分でなくなるような気さえした。
そして何より、櫻井くんのことを嫌いになったわけでもなければ興味がなくなったわけでもない。以前より少しだけ「好き」の度合いが下がった、櫻井くん以外に初めて好きだと思える存在のアイドルができた、ただそれだけのことだと。
 
 
 
それから私は2人の掛け持ちをすることに決めた。だけど常に私の心の中心にいるのは紫耀くんだった。
あれだけ毎日櫻井くんのことを考えていたはずなのに 今は紫耀くんのことしか考えていなかった、考えられなかった。
 この時点でもう櫻井くんと紫耀くんを同じ熱量で応援することが難しいとはっきり感じた。私の中で完全に優先順位ができた瞬間だった。私は櫻井くんより紫耀くんのことが好きで もっともっと紫耀くんを知りたい。紫耀くんを見ていたい。紫耀くんに会いたい。
もう櫻井くんに会いたいと思う私はそこにいなかった。
 
 
 
これから先の人生で 私が応援したいのは、ついていきたいのは、一瞬たりとも目を離したくないのは平野紫耀くんだ。
 
紫耀くんのことが好きで好きで、担当だと呼びたくて仕方がなくなってしまった。
この人がこの先歩んでいく未来を見たい。これから紫耀くんは何を掴んでいくのだろう どこまで連れて行ってくれるのだろう どんな景色を見せてくれるのだろう。
ついていった先にどんな未来が待っていてもいい、私はただただ平野紫耀くんに Mr.KINGについていきたいのだ。
そして私の全てを懸けて全力で応援したい、一緒に歩んでいきたい と、気づけばそこまで思うようになっていた。「この人についていきたい」とはっきりそう思ったのは嵐以外で初めてのことだった。
 
 
 
嵐と櫻井くんのことはもちろん大好きだ。それこそ好きじゃなくなる日なんて来ないだろう。
だけどテレビ越しにその大好きな姿を見れたら私はもう十分だと感じた。
今年の4月、私はもうFCを更新しなかった。
 
何かとんでもない奇跡が起こらない限り、私が嵐と櫻井くんに会うことはもう二度とないだろう。でもそれでいい。櫻井くんがいつまでも笑顔で そしてこの5人でこれから先もずっと一緒にいてくれたら それだけで私は幸せだ。
お茶の間に戻ることを決めた。
 
 
嵐と櫻井くんには本当に数え切れないくらいの溢れんばかりの愛と幸せをもらった。今私がこのジャニオタの世界にいて楽しい日々を送っているのも全部全部嵐のおかげ。5人と出会って、好きになって私の毎日は輝き出した。こういうときって本当にありがとうの言葉しか出てこないのだなぁと実感している。
 
嵐さん、櫻井くん、本当に9年間ありがとう。私にキラキラした楽しい日々をありがとう。全部全部、私の大切な宝物です。
 
 
これからも嵐さんのことはだいすきです。私の中でずっと最強で最高のスーパーアイドルに変わりはありません。だけど、これからはひっそりと陰から見守っていこうと思います。
 
 
 
 
 
 
そして、私が今いちばん応援したい人、胸を張って大きな声で世界でいちばんだいすきだと言いたい人、平野紫耀くん。
 
 
 
 
あの日紫耀くんを見つけることができて本当によかった。好きにさせてくれてありがとう。まだまだ好きになったばかりで知らないこともたくさんあるけど、これからもっともっと知っていきたいなってそう思います。
新しい紫耀くんを見るたび知るたび、どんどん好きになっていくことがとても幸せで嬉しい。キラキラした輝きを放つ彼をずっと見ていたい。できれば瞬きもしたくないくらいしっかりとこの目に焼き付けて一瞬も見逃したくはない。
 
永遠なんてないからこそ紫耀くんとMr.KINGを好きになった今、悔いのないよう精一杯応援していきたい 大切にしていきたい。彼らのことを応援できている今この日々はとてつもなく幸せに満ち溢れている。
そして彼らについていったこの先にはきっともっと幸せな日々が待っているのだろうと、そう確信している。
 
 
こんなめちゃくちゃ重たいファンですが、これからも好きでいさせてください。
 
 
 
 
Mr.KINGと平野紫耀くんに関してドドドドド新規なこんな私ですが、これからも仲良くして頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします。
 
 
 
そんな感じでこれにて私の人生初めての担降りを記録した自己満ブログを終わります。(終わり方を見失った)
長々と拙いまとまりのない文章にお付き合い頂いた方(果たしているのかな?笑)ありがとうございました!